鼻毛を抜かないほうがいい理由についての説明

 

鼻毛は鼻の穴に異物が侵入することを防ぐための非常に重要な役割があるのですが、生やしっぱなしにしておくと見た目が悪くなるという理由で処理する人も少なくありません。
ただし、無理に鼻毛を抜くと毛根に細菌が感染して炎症を起こし、最悪のケースでは細菌が脳に至って死亡することすらあります。
鼻毛を処理する際には鼻腔内の粘膜が傷つかないように先端が丸くなった専用のハサミを使い、使用の前後にはアルコールを用いてハサミを消毒をすることが望ましいです。
万が一炎症が起きてしまった場合には、耳鼻咽喉科を受診した方がいいです。

 

 

炎症が起きるかもしれないので鼻毛は抜かないほうがいい

 

カットハサミ

 

鼻毛は塵埃などが鼻から入り込むことを防ぐために生えているものなので、空気の悪い場所に住んでいると長く伸びやすい傾向にあります。
そのため、空気の良い場所で生活していれば処理の頻度を減らすことができます。
処理をする際に絶対にやってはいけないのが、鼻毛を抜いてしまうことです。抜くと毛根に黴菌が感染して化膿性の炎症が起き、痛みを感じる場合もあります。それだけならばまだ良い方で、黴菌が脳に到達すると命の危険があります。
最近は回転で周囲の毛を纏めて除毛できるカッターや、皮膚を傷つけぬよう丸みを帯びた鋏など鼻毛処理用品が多数開発されています。

 

 

ぬかないほうがいいとされている理由

 

鼻毛は気管支に異物が入らないようフィルターの役目をしています。
衛生的観点から見ても鼻毛は抜かないほうがいいとされており、抜くと毛穴から雑菌が入り化膿してしまう危険性もあります。
その雑菌が鼻から脳に行き、最悪の場合死に至るとされています。
そのほか嗅粘膜がダメージを受けると、脳への刺激伝達が鈍くなり、匂いに対して鈍感になってしまいます。
上記が鼻毛を抜かないほうがいいとされている理由になります。
抜くより切るほうが鼻の中の粘膜に対しても優しいですし、今は専用のはさみなども売っているので、
抜くより切る習慣を身につけてはいかがでしょうか。

 

 

鼻毛の処理はどうする?正しいの処理、ご存じですか

 

おしゃれな服を着て、素敵なメークを施したのに、鼻毛が出ていては、元も子もありません。そんなとき、ついついを毛抜きで抜いてしまいがちですが、実は抜かないほうがいいのをご存じですか。厄介者の鼻毛ですが、実は外部から、チリや埃が侵入してくるのを防ぐ役割があります。そのため、鼻の内部にはチリや埃などとともに、常在菌と言われる菌やバイ菌なども存在します。鼻毛がなくなると、こういったものが呼吸とともに体の内部に侵入しやすくなってしまうだけでなく、脱毛の際に傷ついた毛穴が、菌により炎症を起こしてしまうこともあります。ですから、気になるときは抜かずにぜひカットして、身だしなみを整えてください。鼻毛の処理で手で引っ張って抜いてしまうとても痛いものです。しかし最近では脱毛サロンなどで、痛くない脱毛というのがあるようです。どうも医療脱毛という部類に入るのですが、痛くない脱毛をお探しならココというサイトで、詳しく書いてありましたのでいと度目を通されることをオススメしまうす。